--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年04月16日 (日) | Edit |
4月15日(土)HIRO T'S MORNING JAM presents NEW BREEZE
仕事だったので少し遅れながらも行ってきました。
朝から小雨が降り続き、しかも寒い日だったので、
空いてるかなぁと期待していたのですが、客席はカッパ着た人達でいっぱいになってました。

自分が着いた頃にはperidotsの演奏が終わってたので、それからの感想など

千綿ヒデノリ
いきなり聴かせてくれました。途中マイク通さずに歌ってたのですが噂通りの声量。
歌も姿もカッコイイので、彼女はいいわぁと少し惚れてました。
終わってからヒロさんが出てきて無理やり「友よ」をアンコール。

ハンバートハンバート
夜もライブがあるということなので早いうちに登場とは思ってましたが、なんとか見れてよかった。雨の雰囲気が変にマッチしていて、別世界にいるような不思議な感じでした。

Bahashishi
あまり知らなかった5人編成?のバンドですが、実際に聴いてみると
結構、自分好みな感じがしました。

PHONES
ヒロさんが温まるまで少し時間のかかるバンド、とか言ってましたが
始めから充分温めてくれ、思わず体が揺れてしまうほどでした。
もう言いませんよ P、H、O、N、E、S でフォンズですよと
何回も言ってたMCがベタで面白かったです。

ベベチオ
ヒロさんの番組にも月1で登場するなど、お馴染みの二人。
「黄緑先生」や「ちよこれーと」などよく聴いてた曲で、
寒い中ホッコリ温まりました。

indigo blue
ハンバートハンバートと同じ男女二人なんですが、
雰囲気は正反対のような?都会的でクールな印象でした。
MCはちょっと大阪に合って無いような感じ(笑)でしたが、
曲は雨に合ってて心に染みました。「コバルトブルー」では泣きそうになったくらい。

長いので後半へ続く・・・
スポンサーサイト
テーマ:ライヴレポ・感想
ジャンル:音楽
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。