--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年03月20日 (日) | Edit |
例えば、大失恋をして目の前が見えないほど落ち込んでるとき
例えば、仕事がうまくいかず人生の先が見えなくなったとき
例えば、身内が亡くなって悲しみが押し寄せてるとき

絶望の淵にいるときに自分だったら何が欲しいか考えてみた。

はっきり言うと何もいらない。


じゃあ、震災にあって何もかも無くなったとき
自分なら何が欲しいか

やっぱり実際に震災にあった人じゃないとわからないと思う。

水や食料、義援金など、これからどんどん届くけど
その後から、震災にあった人が本当に欲しいものが出てくるようにも思う。

震災にあった人に、これだけの事をしてやれた
ってのではなくて、
震災にあった人の気持ちを同じように共有していくことが大切なんじゃないかなと思います。
出来るだけ継続して。


例えば、絶望の淵から這い上がろうとしてる親友からの
何回もかかってくるめんどくさい電話にも、普段どおりに答えられるように。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。