--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年02月11日 (水) | Edit |
んで、ようやくCD買いました。

買ったCD

左から、

「SOUL」 SERL
前にも書いてたけど、古い曲にシールの声がうまい具合に重なって
ほんと渋いなぁって思います。

AMERICAN SOUL BOOK」 TOWER OF POWER
少し前に発売されるのを知って、絶対買おうと思ったタワー・オブ・パワーの新譜。
これもソウルナンバーのカヴァ-アルバムですが選曲はSEALのんよりマニアックな感じ。
一曲目がスティービーの「You Met Your Match」って、僕もほとんど聴いてない曲やん。
タワー・オブ・パワーが好きな人には物足りないかもしれないけど、
自分的にはいい感じのアルバムだなぁっと思ってます。
ゲストボーカルにトム・ジョーンズ、ジョス・ストーン、サム・ムーア、ヒューイ・ルイス
特に2曲参加してるジョス・ストーンのソウルフルな歌い方はたまらないっす。

Bringing Back The Funk」 Brian Culbertson
去年にヒロさんの番組で知ってから買うのを決めてたアルバム。
キーボード、トロンボーン奏者であり
他にも色々と活躍してる売れっ子らしいブライアン・カルバートソン。
去年東京で行われたRUFUSのライブにも(チャカカーンが在籍してたファンクバンド)
インゴクニート全盛期の時のボーカル、メイザ・リークらと一緒にゲストで参加してたらしい。
なんで東京だけやねん!ってのはおいといて、
このアルバムに関わってるアーティストが凄い!
Bootsy Collins、Larry Graham、Maceo Parker、Ray Parker, Jr、David T. Walker、などなど
ファンク界フュージョン界の大御所がずらりと、クレジットを見るだけでも楽しいです。モーリス・ホワイトがプロデューサーだとか。


この3枚、
ソウル・ファンク系の濃ぃ~とこを残しつつ、
今風にも洗練された感があって聴きやすいのでマジオススメです。

僕は、この3枚だけで今年を乗り切ろうと思ってますので。てへへ(笑)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ソウルミュージックの入門編的なアルバムは、何ですか?

3枚の内やったら、Tower Of Powerがオススメですか?
2009/02/11(Wed) 23:28 | URL  | ponsaku☆ #CtIkmD/g[ 編集]
ソウルミュージックの入門編的・・・難しい。
ん~なんじゃろか?

3枚の内やったら、どれもオススメです(笑)
2009/02/11(Wed) 23:40 | URL  | bakuga #mQop/nM.[ 編集]
SERLは早くに買いましたよん!
夜中にひとりで聴くと魂が震えます。
TOWER OF POWERにも食指を伸ばそうかと思ってます。
2009/02/12(Thu) 09:37 | URL  | horikawa hiroshi #-[ 編集]
TOWER OF POWERのこのアルバムもいいっすよ~
2009/02/16(Mon) 22:58 | URL  | bakuga #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。