--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年01月20日 (火) | Edit |
FM802、1月の邦楽ヘビーローテーションは
阿部真央の「ふりぃ」



両手かかげて 息をしろ ス ハ ス ハァーー!

ってところを

ミン ミン ダ ハァーー!

って歌うとちょっと元気が出る。
スポンサーサイト
2007年11月12日 (月) | Edit |
FM802、2007年11月のヘビーローテーション曲

■洋楽「SECOND, MINUTE OR HOUR」 JACK PENATE
UK発新人シンガー・ソングライター。ロンドンで精力的に活動してきた彼の音楽はキャッチーなギターリフが炸裂する、ロカビリー・テイストのソウルでパンクでロックなキラキラ☆ギター・ポップ!!前代未聞の内容のPVも必見です!

■邦楽「さよならミュージック」 the ARROWS
名古屋発4人組バンド。ロックもダンスも射抜く持ち前の音楽センスで、ジャンルレス&グルーヴィーな楽曲を制作。彼らの持つ泣きのメロディセンスが凝縮されたスケールの大きなバラード。

頭イイっ!に、さよなら~。
テーマ:音楽のある生活
ジャンル:音楽
2007年10月04日 (木) | Edit |
FM802、2007年10月のヘビーローテーション曲

■洋楽「Pull Shapes ~恋するピペッツ~」 THE PIPETTES
イギリス・ブライトン出身のキュートな女の子3人を含む7人組バンド。サマーソニック07ではメイン会場のトップバッターを飾り、ポップでカラフルなルックスと、ノスタルジックさも持ち合わせたチューンで強烈なインパクトをオーディエンスに与えた。12/13心斎橋クラブクアトロでのLIVEも決定!!

■邦楽「レモネード」 岡野宏典
10歳の頃にラジオで流れていたSing Like Talkingの「WITH YOU」に感動してポップスに目覚める。2006年、スタッフを通じてデモ音源を聴いていた佐藤竹善と出会い、「届いたらいいな~Gratitude~」を共作することに。聴く人を包み込む歌声の持ち主。今後の活躍が期待されるアーティスト。

岡野君、今日もヒロさんにイジメられてた。
2007年09月05日 (水) | Edit |
FM802、2007年9月のヘビーローテーション曲

■洋楽「Don’t Wanna」 dbClifford
カナダ発・新世代POP職人。歌、ソングライティングから全パートの演奏、アレンジ、プロデュースまで、すべて1人でこなす注目のシンガーソングライター。デビューアルバムからのリード・トラックはMAROON 5を彷彿とさせる爽やかなPOPソング。

■邦楽「頭の中のSOS」 monobright
北海道出身の4人組ロックバンド。白ポロシャツ+メガネ+黒スリムジーンズという一見弱そうなビジュアルの彼らだが、ビジュアルからは想像できないほどロックで力強いもの。今作は、札幌時代からの代表曲としてライブで頻繁に演奏されていた曲。

洋楽のほうが結構好きな感じ。
2007年08月14日 (火) | Edit |
FM802、2007年8月のヘビーローテーション曲

■洋楽「永遠のハーモニー(Built To Last)」MELEE
カリフォルニア出身の4人組ロック・グループ。『デヴィルズ&エンジェルズ』で、8/22に遂に日本デビュー!アルバム冒頭を飾るこの曲は、美しいピアノと、メロディックかつ繊細なギター・サウンドが見事に融合した極上の1曲!

■邦楽「スクランブル」PhilHarmoUniQue
2002年春、名古屋にて結成。2007年、心機一転バンド名をPhilHarmoUniQueに改め、小林武史プロデュースにより、8/1に待望の1st Mini Albumをリリース。リードトラックの「スクランブル」は、タイトなサウンドがカッコイイロックナンバー。

8月半ばにペタリ。
2007年07月11日 (水) | Edit |
FM802、2007年7月のヘビーローテーション曲

■洋楽「Drama Queen」Switches
英NME誌でシングル・オブ・ザ・ウィークに選ばれ、日本でもロックファンの間で早くも話題になっている4人組。来日公演もデビュー前にかかわらず大盛況だった彼らが、遂に日本デビュー! FUJI ROCK FESTIVAL '07への出演も決定している。

■邦楽「Vuena Vista」ジン
2003年夏、同じ高校の仲間で結成。圧倒的オリジナリティと存在感が注目を集める。ハードなロックサウンドに若きチャレンジャースピリット溢れるメッセージを乗せたこの曲は、スペイン語で「絶景」を意味するBuena Vista(ブエナ ビスタ)から。

ペッタリンコ
2007年06月06日 (水) | Edit |
FM802、2007年6月のヘビーローテーション曲

■洋楽 「Walking in the sun」 BORN CRAIN
ベルギー出身。1980年生まれ、27歳のシンガーソングライター。昨年ベルギー国内でゴールドディスクを獲得し、ヨーロッパ各国でも注目され、2007年、いよいよワールドワイドデビュー!デビューアルバムからのリードとなるこの曲は、太陽をこよなく愛するヨーロッパ人の夏への憧れをバックグラウンドに、自らの生活を謳歌する気持ちをハッピーにエモーショナルに表現したナンバー。JAZZYに展開されるピアノポップス、昨年日本でも大ヒットしたダニエル・パウターを彷彿とさせる、今年期待の男性ボーカリスト。

■邦楽 「空への近道」 オトナモード
2004年結成の5人編成バンド。下北沢を中心にライブ活動を展開。ボーカル高橋啓太の描く美しい歌詞世界、アコースティックギターを軸とした繊細でドラマティックなサウンドとメロディーを特長とし、その凛とした存在感でギターロックシーンに新風を送り込むニューカマー。2006年2月に1stアルバム『小さな旅』、同年9月に2ndアルバム『憧れの花』をリリース。3枚目となる7曲入りアルバムの冒頭を飾るこの曲は、風景が眼前に広がるような爽やかなナンバー。

ペッタンコ
テーマ:音楽のある生活
ジャンル:音楽
2007年05月01日 (火) | Edit |
FM802、2007年5月のヘビーローテーション曲

■洋楽 「Pogo」 DIGITALISM
クラブシーンで話題沸騰!“ポスト・ダフト・パンク”との呼び声も高い?ハンブルグ出身の2人組。エレクトリックかつポップセンスあふれるスタイルから、ダンスミュージック界のみならず、ロック系リスナーからも絶大な注目を集めている。

■邦楽 「ボニー&クライド」 髭(HiGE)
最高にニヒルでユーモア溢れるロックバンド!60~70年代風味のサイケデリックなサウンドと独特の歌詞世界、そして、GROOVE感溢れるライブパフォーマンスで、ファン層を拡大中。SWEET LOVE SHOWER 2007を皮切りに大型フェスへの出演も続々決定している。

ペタリ。
2007年04月11日 (水) | Edit |
FM802、2007年4月のヘビーローテーション曲

■洋楽「サンディの輝き ~I wish I was a punk rocker(with flowers in my hair)~」sandi thom
スコットランド出身の女性シンガー・ソングライター。ネットを介して配信していたライブが話題となり、当初は70人ほどだった視聴者が70,000人まで膨れ上がり、メジャーレコードとアルバム5枚の契約を結ぶ。06年5月に発売したこのシングルは長期に渡り全英チャートにランクインを続け、最終的には全英1位を獲得。そして、同年6月に発売したデビュー・アルバムは全英初登場1位を獲得!イギリス国内だけで40万枚以上を売り上げ、UKプラチナム・アルバムとなった。ほとんどパーカッションだけのシンプルなトラックの乗せて歌われるこの歌は、文明進化のスピードを憂い、パンクとヒッピー世代への憧れを詠う歌詞と相まって、力強さに満ちている。

■邦楽「愛すべき人」榎本くるみ
名古屋出身のシンガーソングライター。2006年4月、フォーライフ ミュージックエンタテイメントよりシングル「心のカタチ」にてメジャーデビュー。沸点に達した感情から産み落とされるメロディアスな楽曲と心の奥底の深い気持ちを表現した歌詞の世界は感涙必至。じわりと中毒者が続出中。4枚目となるこのシングルは、デビュー前からあたためていたという榎本くるみの原点とも言える曲。彼女の最大の魅力である「心の内面」をダイレクトに表現した歌詞と、エモーショナルに展開する楽曲が心に響く一曲!

コピッペ!
2007年03月04日 (日) | Edit |
FM802、2007年3月のヘビーローテーション曲

■洋楽「Flathead」THE FRATELLIS
グラスゴー出身の3人組。昨年イギリスデビューするや、高い音楽性とライブパフォーマンスで瞬く間に全英で話題となり、デビューアルバムは初登場2位を記録。この曲は3月末からオンエアされる iPod 全世界CMタイアップが決定!満を持して、絶好のタイミングでの日本盤リリースとなり、ここ日本でも大ブレイクすること間違いなし!

■邦楽「ハロー・ハロー」Superfly
ボーカル越智志帆、ギター多保孝一の2人組。高い音楽性と圧巻のボーカルで注目を集める。洋楽ロックの匂いを強烈に感じさせつつもどこか懐かしさを覚えるメロディとボーカル志帆のパワフルな歌声が魅力。このデビュー曲は、「ハロー」を言う事でポジティブになれるという彼等のメッセージを込めた楽曲。「出会い」の季節にぴったりの爽やかなロックナンバーだ。

Superflyはかなりライブの評判がいいみたいなので
ニューブリーズが楽しみ。
テーマ:音楽のある生活
ジャンル:音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。